Entries RSS Comments RSS

北海道の冬は暑い

1月 25th, 2012

初めて北海道の冬を体験するとき、それはそれは驚くことでしょう。
あまりにも厳しい寒さに…ではなく、家の中の温度に。

もちろん、北海道の寒さはかなりの厳しさです。
空気が凍る音が聞こえるほどの寒さは、
初めて体感する人にとって驚き以外の何ものでもないでしょう。

そして寒ければ寒いほど、澄んだ空気にも。
寒い朝は苦手ですが、張り詰めた空気は嫌いじゃありません。
でも北海道の寒さは、言わずと知れたこと。
みんなそれなりに覚悟していることだと思うので、
驚くといってもそれほどではないでしょう。

それよりも意外に思うのは、おそらく家の中の温かさ。
北海道人は慣れてしまっているので温かいで済みますが、
道外の人は暑いと感じるほどかもしれません(^^;

室内の適温は、低くても高くても20度台とされています。
それが我が家では、30度超えが常。
20度台では物足りなく感じてしまうのです。
時には、40度を超えることも!
さすがに、40度を超えると暑くてたまりません(笑)

外がどんなに寒い日でも、家の中では半そでいることも珍しくなかったり。

ただし、北海道の全ての家がそうだというわけではありません。
我が家でそれほど温度が高くなるのは、薪ストーブを焚いているから。
石油ストーブやファンヒーターなどを使う家庭では、
そんなに温度が上がることはないと思います。

それで気をつけないといけないのは、外に出るとき。
温度差があまりにも大きいので、
体が慣れていないと体調を崩しやすいかもしれません。
寒い寒い外から家の中に入ったとき。
そのときに感じる幸せは何とも言えません。
ホッと心から安らぎます。

ちなみに、逆に私は、道外で初めて冬を過ごしたとき、
家の中の涼しさに驚きました(笑)

中居正広さん出演ドラマ

1月 17th, 2012

国民的大人気アイドルグループSMAPのリーダーをつとめる中居正広さん。
私の中での中居君は、バラエティや司会の印象が強いです。

紅白歌合戦ではSMAPメンバーとして出場するだけじゃなく、
司会もつとめていますね。
紅白歌合戦では、史上最年少の司会者をつとめていました。

中居君が紅白の司会をしたのは計6回なのですが、
それはNHKアナウンサー以外では最も多いようですよ。
FNS27時間テレビの総合司会も6回つとめていて、
これもまた最多記録なんだとか。

中居君の主演ドラマで一番印象的なのは、
やっぱり『味いちもんめ』ですね。
私はコミックも読んでいたのですが、
ドラマにはそれ以上にハマっていました。
兄たちも味いちもんめは好きだったので、
兄弟そろって見ていたのを覚えてます。

味いちもんめの主題歌で大黒摩季さんが歌う
『ららら』は、私の好きな曲の一つ。
「♪懐かしい匂いがした♪」と聴けば、
さっと味いちもんめのシーンが思い浮かびます。
春になると、必ず聴きたくなる一曲です(^^)

常盤貴子さんがヒロイン役だった
『最後の恋』に泣かされたのは、私だけじゃないでしょう。
初めて恋愛ドラマに主演する中居君の初々しさが新鮮に写りました。

印象に強く残っているのは、
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんと出演した
『伝説の教師』です。
教師という職業に対する松本人志さんと中居君の温度差が大きく、
それがおもしろかったのを覚えています。

毎週見ていたのに、あらすじの記憶は乏しい…。
伝説の教師、ぜひ再放送してもらいたいです(>_<)

シリアスな『白い影』は、
いつもの陽気で楽しい中居君のイメージとは正反対。
それなのに見事にマッチしていて、全く違和感がありませんでしたね。

最近はあまりドラマに出演していないようなので、
そろそろ中居君の主演ドラマも見てみたいなぁ…なんて思っています(^^ゞ

ネイルアートにチャレンジ

1月 17th, 2012

学生時代、長い間飲食店のバイトを経験していたせいか、爪は短くて当然のものだった。
水仕事をするのにネイルアートなんてご法度。
お客さんの目から見ても、
ネイルできらびやかに飾られた手をした店員が作った食事を
食べたいとは思わないだろう。
私がお客であっても決して食べたいとは思わない。

学校を卒業し、初めて就職した先はIT企業の事務だった。
内勤だったので、直接お客さんと接する機会はなくパソコンの画面に向かう日々。
そんな事務職の女性たちの密やかな楽しみの1つににネイルがある。

ネイルと言っても、
さすがにそれほど派手なものをオフィスでするわけにもいかない。
控えめな中でも可愛らしく、上品な印象のデザインが多かった。

今まで働いてきた職場がネイル禁止(飲食では当然のことだが)だったので、
最初の内はそのギャップに自分が付いていけなかった。
ネイルなんて女性の自己満足、
男性はネイルなんて見てないだろうと揶揄する人もいるだろうが、
意外なことに男子は意外と見ているらしい。
なんでも、手がきれいだと
清潔感があるので他のケアもしっかりしていそうという印象を受けるとのこと。

男性ウケするネイルは、
デザインがシンプルで、爪の長さは短め、
色はピンクやベージュなどナチュラルなものが好まれるそうだ。

派手すぎたり長すぎる爪はNG。
適度な生活感を感じさせることが男ウケするネイルの条件らしい。
確かに、周りのモテ女子のネイルを見ると、
ナチュラルなデザインをしている率が高い。

仕事で好感度を上げたい人や、
男ウケするネイルをしたい人は参考にしてみてもいいだろう。

最近では、ドラッグストアでも安価で速乾性のあるネイルは多い。
ネイル初心者の私も、
何事もチャレンジと思って薄いパステルピンクのカラーネイルを購入してみた。
トップコートを塗って乾かし、カラーネイルを塗る。ああ、結構待ち時間が長い。
その間何もできないのがもどかしい。
どうやら、性格的にネイルは合わないという結論が自分の中で出たようだ。

しかし、妹は私に反してかなり器用な手先と美に対する忍耐を持っている。
お見合いパーティーに参加すると言って
とってもキラキラ輝かせた爪をして我が家に寄って行った。
男ウケするネイル・・・先に教えてあげればよかったか?

春は毎日が幸せ

1月 16th, 2012

春夏秋冬の中で、私が一番好きな季節が春です。長く長く、寒さも一段と厳しい北海道の冬。それが終わりを告げようとしている気配が見え始めると、無条件で幸せな気持ちになってしまいます。

だから、春は毎日が幸せ。

外を歩いて、顔を出し始めているつくしんぼやタンポポを見つけたとき。思わず話しかけたくなるくらいの愛しさを感じます。その前まで駆け寄ってしゃがみこんだら、もう終わり。いつまでも眺めていたくなってしまいます。

時間を忘れて眺めていた結果、足腰が痛くて立ち上がるのに苦労することも多々…。

優しい太陽の光は、幸せを降り注がせてくれます。夏のように強すぎることもなく、とても穏やかな日差し。そんな日は、家の中にいるのがもったいない!外に飛び出して、夕方まで日差しを浴びていたくなります。

春は山菜がおいしくなる季節。採れたてのフキやワラビ、タケノコなどを味わえるのも春が好きな理由の一つです。

出始めのフキは柔らかく、口に入れるととろけてしまいそうなほど。その後のフキでは、シャキシャキ感を楽しめます。フキの青臭さを嫌う人もいますが、その青臭さこを春の訪れを感じさせるものです(^^)

私が一番好きなのはタケノコ。タケノコは罪な奴で、大量に採ってきてもほとんどが皮。皮をむくと、採ってきたときの半分ほどの量になってしまうんですよね。

しかも、タケノコは採るのも容易じゃない。おいしいタケノコを探し求めて山の奥深くまで行ってしまうと、道がわからなくなってしまう危険性もあるんです。苦労した末に味わうタケノコは格別。お店では手に入らないものだと思います。

タケノコ収穫の苦労を知っているから、ちょっと値段が高くても文句は言えません。それだけの価値は、十分にありますから。